ダイエット前に必ずチェック!肌荒れを起こさない痩せ方とは?

ダイエット肌荒れ

●今回のポイント

  1. 偏った食生活で栄養不足になると、お肌の新陳代謝に影響する
  2. 便秘を解消するには、水をこまめに飲む習慣と酵素の摂取が効果的
  3. ストレス解消にはビタミンC!

栄養不足はお肌の生まれ変わりに影響する

ダイエットには食事制限が欠かせませんが、メニューを間違ってしまうと、カラダが栄養不足になって肌荒れを起こしてしまうことが多いです。

みなさんの中にも、過去のダイエットでニキビが出たり、くすみが発生したりした経験がある人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、事前に知っておけば肌トラブルを防げる方法を、できる限りたくさん教えちゃいます!

カラダの健康=美肌なので、しっかりと知識を身に付けておいて、間違ったダイエットをしないようにしてくださいね。

 

わたしたち女性がダイエットをする時、真っ先に行なうのが食事制限です。

カロリーが高い脂肪分や炭水化物は避けて、野菜や果物を多く摂りますし、食事の量を減らすことも多いですよね?

でも、ここに大きな落とし穴が!

 

食事は三大栄養素(詳しくは、コチラ(【d007.doc】へのリンク)から)に加えて、ビタミンやミネラルのバランスが優れたメニューを選ぶのが基本です。

でも、カラダの栄養源である炭水化物や脂質の摂取量が極端に減ると、細胞に栄養が行き届かなくなり、新陳代謝がスムーズに行われなくなります。

中でも、一番大きな影響を受けるのは、お肌なんです。

 

ターンオーバーが乱れると、様々な肌荒れが・・・

お肌は、わたしのように20代でしたら、約28日周期で新しい細胞に生まれ変わります。

(30~40代だと、この周期は45日程度になります)

これを、ターンオーバーと呼びます。

このターンオーバーは、紫外線の強い刺激や、睡眠不足、ストレスなどですぐに乱れてしまうのですが、さらにダイエットによる栄養不足が加わると、お肌は古い角質がはがれずに、ボロボロの状態に・・・。

 

古い角質には、メラニン色素や余分な皮脂などが付着していますから、シミやニキビが発生したり、肌のキメが粗くなったりします。

また、脂質の摂取量が減ることで、お肌の潤いがなくなってカサカサの乾燥肌になりますし、小じわやほうれい線が増えることにもつながります。

ですから、特定の栄養素を摂らないというダイエットは絶対にやめて、食事全体で摂る摂取カロリーを抑えることを基本にして、1日3食、しっかりと栄養補給してください。

朝食は1日の活動のエネルギー源となり、ほとんどが消費されますからしっかり食べるようにして、夕食は就寝中の脂肪合成を抑えるために、なるべく少量にします。

 

肌荒れ防止のための栄養摂取は、

  • 炭水化物は摂らないのではなく、食べる量を減らす
  • 肉の脂ではなく、魚の油を摂るようにする
  • サラダ油ではなく、オリーブオイルを使うようにする

この3つがポイントです!

 

適量の水をこまめに飲む習慣を

水を飲むと太ると勘違いして、1日の摂取量を控えている人がとっても多いです。

わたしの友人や会社の同僚にも、水分を控えている人がいます。

たしかに、からだに必要とされる量を超えた水を飲むと、不要な分は体内にとどまって「むくみ」を生じさせます。

むくみは肥満と勘違いしやすいですが、老廃物が溜まった状態ですので、早く排出しないとお肌にも影響してしまいます。

顔にむくみが発生すると、重力の影響で水が下に垂れてゆき、「顔のたるみ」になってしまいますから・・・。

 

この状態を解消するのに必要なことは、水を飲むことなんです。

重要なのは、一度に大量の水を飲むのではなく、8回ぐらいに分けて1日2リットル弱ぐらいを目安に、こまめに飲むことです。

これによって、お肌も水分不足にならずに済みますし、老化も防げます。

 

水をしっかり飲む習慣が身につけば、もうひとつ、うれしいメリットがあります。

それは、便秘の予防、改善につながるということです。

 

便秘はニキビを増やす厄介者

便秘はさまざまな原因で起こります。

カラダの水不足、食物繊維不足、ストレス、運動不足などなど。

腸に便がたまった状態が続くと、毒素が血液に溶け出して、血管を伝ってお肌に届いて毛穴から排出される時に、細胞を刺激します。

これによって、ニキビや吹き出物が発生するんです。

 

普段の生活でも必要なことですが、ダイエット中はストレスが溜まりやすくなりますので、先ほど紹介したこまめに水を飲む習慣を身に付けて、食物繊維が多い食べ物を積極的に食べるようにしてください。

ちなみに、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

このうち、ダイエットに効果的なのは、血糖値の急上昇やコレステロールなどの蓄積を防ぐ効果がある、水溶性食物繊維です。

アボカド、きのこ、大豆、わかめなどに、この水溶性食物繊維は多く含まれているそうです。

 

また、カラダの筋力不足も、便を排出する力を弱めて便秘を助長してしまいますから、運動は有酸素運動だけでなく、筋力トレーニングも行なうようにしましょう!

(コチラ(【b015.doc】へのリンク)で、自宅でもできる筋力トレーニングを紹介しています)

カラダの表面にある「表層筋」だけでなく、骨の周りになどにある「インナーマッスル」も鍛えると、美しいボディも手に入っちゃいますよ。

(わたしは、まだですが・・・)

バランスの良い食事と水を飲む習慣、たったこれだけでも、美肌はキープできますよ!

 

ビタミンCが食欲をストップしてくれる?

ダイエットを続けていると、食べたいものが食べられなくてつらくなるとか、体重が思ったように減らなくてイライラすることが増えてきます。

こうしたストレスが、食欲を抑えるホルモンの分泌を抑えて、カロリーオーバーの食事につながるなんてこともあるので、注意が必要です。

ストレス解消と言っても、仕事や家事、育児が忙しかったら、カンタンにはできません。

 

そこで覚えておきたいのは、ビタミンCを積極的に摂ること。

ビタミンCは、病気やケガの回復をサポートするだけでなく、精神的なストレスからも守ってくれるホルモンも合成します。

しかも、みなさんもご存知の通り、ビタミンCはシミが作られるのを防いだり、コラーゲンの生成を助けたりと、美肌にも効果的ですから、ダイエットの時は、レモンやパセリ、パプリカ、キウイなどをたくさん食べるようにしてください。

ストレスを完全になくすのは難しいかもしれませんが、これで軽減することができることでしょう!

 

酵素を効果的に摂る方法は?

カラダに必要な栄養素や成分はたくさんあるので、不足していないかチェックするのは大変です。

でも、わたしがダイエットを始めたころから使っている「酵素ドリンク」は、こんな悩みを解消してくれる優れものだということが、実際に使ってみて分かりました。

 

酵素というのは、カラダの代謝に欠かせない成分で、体内で不足すると脂肪がたまりやすくなります。

また、酵素ドリンクでしたら、食事の代わりにとる「置き換えダイエット」のアイテムに最適ですから、手軽にカロリーカットができます。

 

気になるのは、最初にお話しした栄養不足の状態にならないか、ということですね。

でも、わたしが飲んでいる「お嬢様酵素」と「ベジライフ酵素」でしたら、カラダに必要なビタミンやミネラルがたっぷり入っているので、お肌への影響も心配なしです。

逆に、普通の食生活では摂りにくい栄養素が豊富なので、ダイエットに興味がない人にも美肌アイテムとしておススメしたいぐらいです。

 

このほかにも、質の高い睡眠をとることや、夜型の生活をしないことなども、ダイエットで肌荒れを起こさないために必要です。

それぞれのポイントは、さらに詳しく解説していますので、このページを読み終わった後にチェックしてみて下さい。

カラダの仕組みが分かって、生活改善しようという意欲が高まるはずですよ!

※睡眠や夜型生活と、ダイエットの関係に関する記事はコチラ(【b011.doc】へのリンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です